労働と血圧の関係

労働と血圧の関係

労働と血圧の関係について血圧が上がる原因の1つに長時間働き続けることがあります。
正常値だから大丈夫と思っていても、それは落ち着いて座っている時間だけの数値でその他の時間は数値が上がっている可能性もあるのです。
ですから油断は禁物です。
皆さんは仕事をしていてストレスを感じたりはしませんか。
特に仕事がうまくいかない時、イライラするようなタイプの人は注意した方が良いでしょう。
そして血圧上昇に関係するのは勤務時間の長さです。
勤務時間が長いと血圧が上がりやすいようです。
また数ある職業の中でも事務職の人はそれ以外の職業の人に比べ、血圧が上がりやすいようです。
パソコンを長い間打ったり、文字を書いたり、電卓で計算するなどの仕事をしている人は注意するべきでしょう。
しかし、そういう仕事をしながら血圧を下げるのは難しいことです。
血圧を下げる努力をしても、また仕事をして血圧が上がるのですから、あまり変わらないかもしれません。
だからといって努力しないわけにもいきません。
すぐに改善しなくてもガッカリしないで、根気よく続けましょう。
それからいろいろな仕事の中で一番危険なのは一日中、単純作業をしている人です。
高血圧は自覚症状が現れにくいのです。
日頃から「ひょっとしたら高血圧かも」と思うようでしたら、適度な運動をしたり、ストレス発散を定期的にするといいでしょう。
仕事を続けて作業しないで、時々休み、首を回したり、背伸びをしたり、体を動かすのもいいことだと思います。
とにかく長時間働き続けることは避けたいものです。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです