高血圧になる食事

高血圧になる食事

高血圧になる食事についてそれぞれの家庭により食事の味付けが濃い、薄い、いろいろですが、あなたの家の食事はどうでしょうか。
味付けが濃い食事はとても美味しいですね。
しかし、この味付けの食事は健康には良くありません。
味付けが濃い食事は高血圧の原因となります。
高血圧の人の食事を見てみるとドレッシングやソースをいっぱいかけているとか、味噌汁が塩辛いということが多いのです。
味付けは薄い方が良いと思います。
しかし、今までの味付けの濃い食事を急に薄味にするとなると抵抗があるかもしれませんね。
美味しい味付けの食事が楽しみだった人にとって、突然味が薄くなることで大きなストレスを感じる場合もあるのです。
そういう人は急に味を薄くすることはありません。
徐々に薄くするようにしましょう。
ソースに水を加えておいて薄くしてからかけるようにするのも良いですね。
少量のお湯で味噌汁を薄くし、その味のままでしばらく食べ、その味に慣れてから更に少量のお湯で薄くします。
こういう工夫で血圧を下げる食事を無理なく摂ることができます。
それからおかずを多く食べる人は、まずサラダを食べるのも良いかもしれません。
野菜を多く食べることで血圧を下げることができます。
「野菜はどうも苦手で」という人が野菜を多く食べる方法は茹でたり蒸したりすることでしょう。
量が多くても茹でたり蒸したりすることで全体のかさを減らすことが出来ます。
野菜をボウルに入れ、ドレッシングを少し入れ、絡めて食べます。
ドレッシングを多くつけるのは良くないのです。
こういう努力が血圧を下げるためにとても必要なのです。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです