節酒で血圧を下げること

節酒で血圧を下げること

節酒で血圧を下げること血圧が上がりやすい人は飲酒をする人が多いようです。

血圧を下げるためにアルコールをなるべく飲まない方が良いようです。

だからといって「飲むな」とも言えません。
絶対飲んではいけないということはないのです。

少しなら飲んでも大丈夫です。
但し、適量を守って下さい。
飲酒の適量はビールで500mlぐらいまで、日本酒で1合ぐらいです。
その適量を守って飲むのなら構わないのです。
しかし、ついついそれ以上飲んでしまう人が多いので、この量しか飲まない、という決意を持って飲むようにしましょう。
この適量は成人男性を基準にしているので、高齢者や女性の適量はもう少し少量にして下さい。
そしてアルコールは高カロリーで、その上におつまみを食べると、余計にカロリーが高くなってしまいます。
それも食事とは別なのですから、大変なカロリーを摂っていることになってしまいます。
肥満の人は高血圧になりやすいのですから、高カロリーで危険ですね。
アルコールは少量なら血圧の数値を下げる働きがあるのですが、多く飲むと血圧を上げることになります。
中には血圧を下げるためにお酒を飲んだらいいと誤った知識を持っている人もいらっしゃるようです。
食事を改善することができない、運動も出来ない、という人は節酒をしてみましょう。
まずお酒の量を減らすことです。
急に禁酒をするのは難しいですが、量を減らしていくことは出来ないことではありません。
飲酒の途中に水を飲むなどして、楽しみながら量を減らせれば良いですね。
血圧を下げるために是非、実行してみて下さい。

血圧を下げるにはこちら(大正 血圧 タブレット)がおすすめです